SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

神田ノート

合志市議会議員 神田公司が日々目にしたモノ耳にしたコトを、さらりと公開。
<< 政府による公金横領 | main | もはや法治国家ではない! >>
国の基準通りの補助金を!
0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     
      昨日の午前10時から熊本県学童保育連絡協議会では熊本県知事あての要望書を、県庁本館801会議室で県健康福祉部子ども・障がい福祉局長の松永寿さんに提出しました。
     内容は「1 補助金(単価)が増額されても、その補助金がカットされる学童保育所が続出しています。新支援制度(子ども・子育て支援新制度)に合わせ、現行の「補助金交付方針」を変更し、国の基準通りの補助金を出してください。2 新支援制度を機に、ひとり親世帯や要保護・準要保護家庭への利用料の補助制度をつくってください。3 厚労省の「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」、「放課後児童クラブ運営指針」を基にした県の「運営指針」策定と市町村への支援を強めてください。4 放課後子供教室との一体化ではなく、学童保育施策を優先してください。5 指導員の雇用環境の整備をしてください。6 放課後児童クラブ指導員の研修制度の充実をしてください。7 厚労省による「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」、「放課後児童クラブ運営指針」の説明会を開催してください。」 というものです。
      マスコミの取材もあり、緊張感に満ちた要望書提出でした。
      写真は今日の熊本日日新聞の記事です。
    | - | 19:50 | - | - | - | - |